くらし情報『DJが補償求めて政治家に直訴…文化界から相次ぐ悲痛な訴え』

2020年3月27日 20:33

DJが補償求めて政治家に直訴…文化界から相次ぐ悲痛な訴え

(予算委での安倍首相答弁)はあんまり。超党派で声あげよう!と相談》とつづっている。

音楽業界を含め、日本の文化界は苦境に立たされている。

劇作家であり演出家の野田秀樹氏(64)は文化行事などの自粛を政府が要請したことに対し、3月1日に公式サイトで意見書を公開した。

同サイトで野田氏は「感染症の専門家と協議して考えられる対策を十全に施し、観客の理解を得ることを前提とした上で、予定される公演は実施されるべき」とした上で、「ひとたび劇場を閉鎖した場合、再開が困難になるおそれがあり、それは『演劇の死』を意味しかねません」と訴えている。

いっぽうでJazzTokyoによると、ドイツのモニカ・グリュッタース文化大臣は「文化は良き時代においてのみ享受される贅沢品などではない」「自己責任ではない困窮や困難に対応し、これを救済しなくてはなりません」など、フリーランスのアーティストへの支援に前向きだという。

各国の状況はもちろん違う。しかし、声を上げることで変わるものがあるかもしれない。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.