くらし情報『アート支援に段ボール仕切り…鳥取県の独自コロナ対策に注目』

2020年4月4日 23:30

アート支援に段ボール仕切り…鳥取県の独自コロナ対策に注目

アート支援に段ボール仕切り…鳥取県の独自コロナ対策に注目


感染拡大に歯止めがかからない新型コロナウイルス。4月4日に東京都が発表した1日の感染者数はついに100人を超えた。全国で“不要不急の外出自粛”が広がり、経済的打撃を受ける企業や店が続出している。なかでも、2月26日から出されている大規模なイベント自粛要請を受け、開催中止が続いているエンタメ業界からは窮状を訴える声が日に日に増している。

そんななか、鳥取県が講じたアート支援策に注目が集まっている。「アート緊急支援プロジェクト」として、鳥取県内で無観客公演が行われる際に生じる費用を一部支援する方針を決めたのだ。『毎日新聞』によると、同県の平井伸治知事は4月2日に行われた定例記者会見で「感染拡大防止のために自粛はやむを得ない」としながらも、「文化芸術は発表機会がなくなると活力を失い、担い手がいなくなる」と語った。費用の一部負担のほかにも、圃場金の要件緩和なども検討しているという。

かねてから演劇界への支援を訴えていた劇作家、演出家の平田オリザ氏(57)は、Twitterで《一昨日、平井知事とお目にかかってご相談したことを、すぐに政策に落とし込んでいただきました。早い!》と、平井知事の対応を称賛。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.