くらし情報『豆柴の大群 レコ大で転倒は演出…「さすが」「失礼」と賛否』

2020年12月31日 20:42

豆柴の大群 レコ大で転倒は演出…「さすが」「失礼」と賛否

豆柴の大群 レコ大で転倒は演出…「さすが」「失礼」と賛否


12月30日に放送された「第62回 輝く!日本レコード大賞」(TBS系)で、アイドルグループ「豆柴の大群」のメンバーが舞台上で転倒。心配する声が続々と上がったが、演出だったと発覚。ネットでは賛否分かれている。

ハプニングが起こったのは、新人賞を受賞した4組が舞台上に集まった時のことだった。最優秀新人賞が演歌歌手の真田ナオキ(31)だと発表されると、豆柴の大群のミユキエンジェル(20)は勢いよく飛び上がり、その後転倒。そして、彼女は他のメンバーに抱えられながら退場した。

その様子を見ていた視聴者は、ネットで《え!?︎豆柴の大群の子大丈夫!?︎倒れた!?︎》《体調不良でぶっ倒れったぽい???大丈夫なん?》とミユキエンジェルを心配した。しかし、のちに司会の安住紳一郎アナウンサー(47)は視聴者に向け、こう説明した。

「先ほど豆柴の大群さんの方が倒れられて、心配されている方がいらっしゃると思うのですが、(別の)番組の密着が入っているそうで、お芝居でそういう演出をされたそうです」

“演出”について、ネットでは《最後爪痕残してさすが豆柴だね》《変わった事やってて面白かった》《レコード大賞でも豆柴の大群は爪痕を残していく》と好評の声もあるがーー。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.