くらし情報『ネクスト今田耕司なるか?「R-1」で注目された粗品の司会力』

2021年3月8日 23:01

ネクスト今田耕司なるか?「R-1」で注目された粗品の司会力

ネクスト今田耕司なるか?「R-1」で注目された粗品の司会力


ゆりやんレトリィバァ(30)が“ピン芸人”の頂点に輝いた『R-1グランプリ 2021』(カンテレ・フジテレビ系)。2時間の生放送を仕切ったのは、お笑いコンビ・霜降り明星と広瀬アリス(26)だ。なかでも壇上の中央で仕切っていた粗品(28)の司会ぶりは、注目の的となった。

04年以降、本大会の司会は雨上がり決死隊が務めていた。しかし昨年は、蛍原徹(53)の“相方”として粗品が起用。そしてついに今年、司会を担うコンビの世代交代が果たされたかたちとなった。

「今回の『R-1』は大会名称も変更されたように、大幅にリニューアル。出場資格も芸歴10年目以内に絞られ、審査方法も1組終えるごとに審査員が点数を発表する『M-1』スタイルになりました。

しかしTwitterで行われた視聴者投票では、結果がなかなか出ないといったトラブルも発生。結果的に審査員のコメントを聞く時間が削がれるなど、かなりの“巻き”が求められることになってしまいました。

それでも粗品さんは、慌てずに淡々と進めていました。焦りは大きかったと思いますが、司会として可能な限りきっちりと締めくくってくれた印象です」(テレビ局関係者)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.