くらし情報『「ダウン症の兄に守られていた」元ヤングケアラー語る過去』

2021年3月29日 11:00

「ダウン症の兄に守られていた」元ヤングケアラー語る過去

ショートステイへ向かう兄が、病床の父に言った。

「39年間、ぼくを育ててくれてありがとうございました。ぼくは、だいじょうぶです」

そう言いながら、親指を立てるしぐさをすると、昏睡状態だったはずの父親が一瞬、目を開けた。

「驚いたのは、父も兄に向かって親指を立ててほほ笑んだんです。その数時間後、父は64歳の若さで息を引き取りました」

パニックに陥るからと反対する母親を押し切り、持田さんは兄に父の死を報告した。兄は電話口で、逆に持田さんに尋ねた。

「母は泣いてますか?妹さんは泣いてますか?」

「泣いてないよ」

「じゃ、ぼくも泣きません」

必死で悲しみをこらえているのが電話越しにも伝わった。持田さんは瞳を潤ませながら、当時をこうふり返る。

「私はこのとき、自分のことより母と妹を心配してくれた兄の優しさに、初めて気づきました。そうか、守られていたのは、実は私だったんだと……」

持田さんは現在、ケアラー支援を行う「ケアラーアクションネットワーク協会(CAN)」代表理事。家族に守られながら、ヤングケアラーの孤独に寄り添っている。

「女性自身」2021年4月6日号 掲載

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.