くらし情報『杉咲花語る“夫”成田凌への信頼「目が合うだけで落ち着いた」』

2021年5月14日 06:00

杉咲花語る“夫”成田凌への信頼「目が合うだけで落ち着いた」

しかし肩肘張ることなく、自然体で撮影に臨めたようだ。

「一つの作品のなかでお芝居をするということに関して、ヒロインであっても、そうでなくても、特別に何かが違うという意識はなかったです。でもやっぱり、撮影期間の最初から最後まで現場にいて、共演者のみなさんやスタッフのみなさんといちばん長く過ごすことができる。しかも、みなさんがアップする瞬間を一つずつ見届けていくことができる幸せは、ほかの現場では味わえない特別なものがありました」

明治末期に生まれ、昭和の激動のなかで喜劇女優として成長していく千代。常に明るく早口で話すキャラクターが印象的だったが、モデルとなった昭和の名女優・浪花千栄子さん(享年66)をひたむきに研究したたまものだった。

「私が演じるのは竹井千代という人物なので、まったく同じにしようという意識ではありませんでした。ただ、浪花さんの昔の出演作品を見たり、自伝を読んだり、私が調べられることは敬意をもってやりたいと思い、取り組みました。ラジオドラマのシーンなどは特に、早口な部分を意識していました」
全115話を通して、17歳から44歳までを演じた杉咲。「全部が大切なシーンだった」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.