くらし情報『表情豊かに…中森明菜デビュー40年目の本誌激レア写真』

2021年5月17日 15:50

表情豊かに…中森明菜デビュー40年目の本誌激レア写真

’83年11月、あどけない表情で紅白初出場の会見へ

’83年11月、あどけない表情で紅白初出場の会見へ



’81年、15歳で『スター誕生!』に出演。翌’82年にデビューし2枚目のシングル『少女A』で不良っぽい歌詞と歌声が話題となり、その後も数々のヒット曲でトップスターに君臨した中森明菜(55)。しかし、自殺未遂騒動を起こした’89年以降は、公私ともに波瀾万丈な人生に。今年でデビュー40年目を迎えた伝説の歌姫の軌跡を本誌秘蔵写真で振り返るーー。

■’82〜’88年・デビューから一躍スターダムへ駆けあがった

’82年、『スローモーション』でデビュー。続々とヒット曲を飛ばし、『ミ・アモーレ』『DESIREー情熱ー』で2年連続レコード大賞を受賞。

【’83年11月】あどけない表情で紅白初出場の会見へ
【’86年12月】FNS歌謡祭2年連続受賞で号泣
【’87年2月】『夜のヒットスタジオ』で熱唱!
【’87年3月】ゴールドディスク大賞“記念すべき第1回”で受賞

■’89〜’09年・衝撃の自殺未遂から事務所移籍まで波乱の10年

’89年、当時交際していた近藤真彦(56)のマンションでの自殺未遂が発覚し、1年間活動を休止。その後は女優としての活躍も著しかったが、事務所やレコード会社の移籍を繰り返し、トラブルやスキャンダルが絶えなかった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.