くらし情報『高橋みなみ 結婚式は延期でも…コロナ禍で強まった夫との絆』

2021年6月17日 06:00

高橋みなみ 結婚式は延期でも…コロナ禍で強まった夫との絆

高橋みなみ 結婚式は延期でも…コロナ禍で強まった夫との絆


「AKB48時代、17歳で一人暮らしをしたことをきっかけに料理を始めました。現場のお弁当を持って帰って家で食べる生活が続いているうちに体調を崩してしまって、そこから“自分で作ろう!”と思いました。初めて作ったのはハンバーグでしたが、生焼けになってしまいました(笑)」

初めての料理の“苦い思い出”を明かしてくれたのは、高橋みなみ(30)だ。「生焼けのハンバーグ」から10年以上の自炊経験値を積み上げて、このたび初のレシピ本『たかみなの毎日食べたくなる そこそこごはん』(光文社)を6月3日に発売した。

「なるべく工程数の少ない、簡単に作れるご飯のレシピがいっぱい詰まっている本があったらうれしいな、という思いで作りました。毎日、料理をすることにちょっと疲れてしまった方や、料理を始めてみたいけど何から始めていいかわからないという方に手に取っていただけたらうれしいです」

’19年5月1日に入籍。1年も経たないうちにコロナ禍に直面した。自粛生活によって自炊をする回数が増えたことで、料理を“義務”のように感じてしまう時期もあったという。

「それまで私も夫もお互い仕事があるので、“おうちご飯”をする機会は毎日ではなかったのですが、コロナの影響により、夫が早く帰ってくるようになってきて。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.