くらし情報『解熱剤、氷のう…「ワクチン副反応」に医師が実践した対処法』

2021年6月24日 06:00

解熱剤、氷のう…「ワクチン副反応」に医師が実践した対処法

を服用。ただ、熱に関しては「カロナール」を飲まなくてもそれほど出なかったのではないかと思う。副反応は、免疫反応がしっかり働いているから起こる症状。冷静に捉えることが大事。

■氷のうやアイスバッグを活用

【内科医(池袋大谷クリニック院長)大谷義夫先生】

1回目は接種した左腕が痛み、痛みは翌日がピーク。2回目は接種当日の夜から37.4度の発熱。接種後36時間ほどで改善。

2回目接種の翌日は、できれば大切な仕事は入れないほうが安心。副反応はつらくなってから解熱鎮痛剤を内服することでも間に合うと思う。マイルドな「カロナール」をおすすめしたい。また接種を受ける際には半袖で腕を出しやすい服装で臨むことと、どんな副反応が出るかを把握しておくとよい。

【医師・医療ジャーナリスト 森田豊先生】

1回目接種の夜中、腕が腫れて熱くなり、筋肉痛のような痛みが。2回目は接種後15分で、体がホットフラッシュのようにポカポカしたが、ほかに症状はない。3時間後、腕に強い痛みが出て、肩より上に上がらなくなった。翌朝はだるくて起き上がるのが大変だった。

2回目接種後は腕の痛みは氷のうで冷やすとともに、「カロナール」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.