くらし情報『「ワクチン接種は、私の最後の役目」島で診療70年の94歳医師』

2021年7月5日 11:00

「ワクチン接種は、私の最後の役目」島で診療70年の94歳医師

「ワクチン接種は、私の最後の役目」島で診療70年の94歳医師


広々としたホールで、何人もの高齢者がのんびりとテレビを見てくつろいでいた。

ここは、熊本県宇城市三角町の特別養護老人ホーム「豊洋園」。そのホールの中央を、白衣姿の老医師がスタスタと歩いていく。白衣の下のブルーグレーのワイシャツの襟元には鮮やかな七宝焼のループタイ。なかなかのオシャレさんだ。

と、それまでテレビを見ていた老婦人がすっと立ち上がる。

「先生、先生」

そう声をかけながら、曲がった腰を伸ばし伸ばし歩み寄る老婦人に、老医師も優しい笑みを向けた。

「元気ですかね?」

老婦人は、まるで仏様に祈るように手を合わせ、老医師の手を握りしめると、何度も何度も頭を下げた。目には涙が光っている。老医師とは顔なじみの島民のようだ。

佐藤立行先生は、三角町の戸馳島(とばせじま)に内科医院「佐藤医院」を構える現役医師だ。かくしゃくとした姿からは想像もできないが、5月6日に94歳を迎えたばかり。姿勢もよく、足どりも軽やかだ。

佐藤医院での診療のかたわら、火曜と金曜の午後は、豊洋園の嘱託医として入所者の健康管理を担っている。その日は、定例の往診のほか、施設で働く若いスタッフに新型コロナウイルスワクチンを接種するため、園を訪れていた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.