くらし情報『すでに感染済みの人は? 医師に聞いた「ワクチンの7つの疑問」』

2021年7月21日 06:00

すでに感染済みの人は? 医師に聞いた「ワクチンの7つの疑問」

(写真:時事通信)

(写真:時事通信)



「接種券は届いているけど、2人目(の子供)が欲しいな、とも思っているので、僕たちはまだ待ちたいな、と……」

7月4日に出演した『サンデー・ジャポン』で、そう語ったのはタレント・りゅうちぇる(25)。妻・ぺこ(26)といっしょに新型コロナウイルスのワクチン接種を迷っているという。

因果関係は証明されていないものの接種後に死亡した事例も報じられており、接種を受けるべきか悩んでいる人々も少なくない。今回は2人の医師に接種にまつわる疑問に答えてもらった――。

【Q1】不妊症になるという話を聞きましたが?

「そういった話の根拠となる事実はまったくありません。昔、彗星が近づくと空気がなくなるといった話でパニックが起きましたが、同じレベルのデマだと思います」

そう語るのは、日本ワクチン学会理事で長崎大学病院の森内浩幸教授。妊婦であっても、おなかの子供には影響がないという。

「ワクチン接種や薬を飲むことで流産するというケースは、極めてまれ。すでに世界中で妊婦さんがワクチンを打っていますが、影響があったという報告はありません」

また同じくワクチン学会理事で静岡厚生病院小児科診療部長の田中敏博先生も、

「ファイザーやモデルナのワクチンは特定のタンパク質を作るための情報を細胞内に運び込むメッセンジャーRNA(mRNA)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.