くらし情報『「ギャルが折った折り鶴」ガチャで話題!25歳女社長語るカプセルトイ業界参入の“勝算”』

2021年12月23日 06:00

「ギャルが折った折り鶴」ガチャで話題!25歳女社長語るカプセルトイ業界参入の“勝算”

それに、カプセルトイは同時期に300個も新商品が出ます。独自の企画を産んで、顧客に発信していかないと簡単に埋もれてしまう。だからこそ、SNSで注目を集めることは売り上げに直結すると思っています」

コロナ禍でも年間400億円超まで市場を拡大するカプセルトイ業界。販売機を多数そろえた大型専門店が続々登場し、その商戦は熾烈を極める。そんな中で、ブライトリンクのターゲットである若年層にとっては、“SNS上でバズってしまう商品のクレイジーさ”は、商品を認知してもらうきっかけとしても大きな役割を果たすのだ。

「まずはSNS上でバズって彼らにリーチし、この商品が欲しいと思っていただく。そして実際にガチャガチャを回しに行き、商品を楽しんでもらう。そうやって、私たちの商品を知っていただきたいです」

■「コーン約指輪」で実際にプロポーズする人も

ブライトリンク社はもともと、水やりや剪定が不要な「ドライ盆栽」を販売する企業。佐藤さん自身も、カプセルトイとは無縁の人生だったという。

「ドライ盆栽の認知度を上げるためにどうして行こうかと考えていたとき、たまたま見ていたニュースで、空港のカプセルトイ売り場で外国人が小銭を落としていくというレポートがありました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.