くらし情報『“野獣”松本薫が語る仰天育児奮闘「しゃべりながら産んだ」』

2017年9月1日 11:00

“野獣”松本薫が語る仰天育児奮闘「しゃべりながら産んだ」

image


「目をしっかり開いてよく笑ってくれます。マシュマロみたいですね、フワフワしていて。自分の子どもはすごくかわいいということを知りました(笑)」

“野獣”の愛称を持つ、ロンドン五輪の柔道金メダリスト・松本薫(29)が、こう眼尻を下げた。

8年間の交際を実らせ、松本が料理人という一般人男性と結婚したのは、昨年11月。そして今年7月、念願の第1子の女児に恵まれた。柔道の猛者である松本も、出産前は「怖かった」と本音を打ち明けてくれた。

「怖かったですけど、無痛分娩で産んだので、全然痛くありませんでした。しゃべりながら産んだんです(笑)」

産後わずか1カ月でトレーニングを再開したというが、「体はヤバイです」と苦笑した。そんな彼女が注目したのは、産まれたばかりの我が子の姿だった。

「いま、赤ちゃんが私の柔道の先生なんです。赤ちゃんが最初にやり始めることって、大きな声で泣くことじゃないですか。最初、子どもが泣くところを見て、『そうか、まず横隔膜を動かさなきゃいけないよな』って、呼吸法をしっかりやったんです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.