くらし情報『セミナー1回で100万円…SNS駆使する「スピリチュアル詐欺」の手口』

2017年11月3日 11:00

セミナー1回で100万円…SNS駆使する「スピリチュアル詐欺」の手口

image


「スピリチュアル詐欺(以下・スピ詐欺)とは、精神世界を利用して、効果の不明なものを売りつける詐欺商法のこと。従来の開運商法詐欺は、不安を煽ることで、物品を買わせる手法が主流でした。しかし、最近のスピ詐欺は、SNSブログで注目を集め、『幸せになるため』などと希望を見せるのが特徴。被害者の9割以上は女性です」

こう話すのは、5年前から詐欺被害の無料相談を受けつけている「不動法律事務所」の若井亮弁護士。過去5年間で国民生活センターに寄せられた開運詐欺の相談は、4811件に上る。しかも1人当たりの被害額(契約購入額)でみると、’12年の65万円から’16年には130万円へと、5年間で倍増しているのだ。

「だましやすい人からとことんとるという傾向の表れで、非常に危惧しています。SNSを利用した勧誘が現れたことで、これまで高齢者が多かった相談者の年齢が30〜40代にまで広がっているようです」(国民生活センター)

若井さんのもとに届いている「スピ詐欺」の被害例を紹介。

■カリスマブロガーの巧みな話術で100万円のローン地獄!

1年前、AさんのSNSに“ママ友のSさんが写真を更新しました”というお知らせが。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.