くらし情報『『西郷どん』子ども時代子役の憧れは「BIGBANG!」』

『西郷どん』子ども時代子役の憧れは「BIGBANG!」

2018年2月17日 06:00
 

関連リンク

・ドラマ『花のち晴れ』の小栗旬を再現するも「何かが違う。。。」
・小沢仁志、56歳で独立宣言 エイベックスと業務提携「絶対に負けられない戦いが始まる」
・高橋英樹、ドラマのオフショット公開「何をやっても負けますわ~(笑)」
image


マイケル・ジャクソンの映像を見ていたら、『Ah! Oh!(アオ)』って自分の名前を呼ばれているような気がして、それでダンスを始めました(笑)」

そう語るのは、NHK大河ドラマ『西郷どん』で夫人公である西郷吉之助(隆盛)の子ども時代・小吉役を演じた、渡邉蒼くん(13)。『西郷どん』で見せた泥まみれで相撲を取る小吉とうってかわって、軽やかにヒップホップダンスを踊る。

BIGBANGのSOLさんのようなアーティストになりたいんです!」(蒼くん・以下同)

演技を始めてからは1年半と日は浅いが、オーディションでたくさんの子役のなかから選ばれ、何事にもまっすぐな小吉を生き生きと演じきった。

「いちばん印象に残ったのは、島津斉彬に扮した渡辺謙さんとの最後のシーン。斉彬さまが『強くなれ!』と小吉に言った言葉ですが、僕自身、渡辺さんからそう激励されたような気がして。今後もその言葉を大事にして、いつか大人の俳優としてまた大河ドラマにでたいです!」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.