くらし情報『高梨沙羅 銅メダルの“追い風”呼んだ「風の神への極秘参拝」』

高梨沙羅 銅メダルの“追い風”呼んだ「風の神への極秘参拝」

2018年2月21日 06:00
 

関連リンク

・スタローンの元妻(54)が出産 パパは5人目の夫(39)
・ジャスティン・ビーバー&ヘイリー・ボールドウィン、デート再開にセレーナは動揺も
・ISSA、「彼女はいない」発言を釈明「すでに結婚していたので」
image


ジャンプ女子で銅メダルに輝いた高梨沙羅(21)。

“天才少女”として挑むも、まさかの失速となった14年のソチ五輪。あれから4年、高梨は“プレッシャーに弱い”という汚名を返上し、平昌の表彰台で輝く笑顔を見せた。

そんな彼女の大きな飛翔には、ある“追い風”があったという。

「昨年10月に高梨さんがお参りにきたので“本番で必要な風を吹かせてあげて下さい”とご祈祷しました」

と語るのは、風の神(風神)を祀ることで知られる「龍田大社」(奈良県三郷町)の宮司・上田安徳さんだ。

ジャンプは風に左右される競技。向かい風だと飛距離がのびて有利になる。ソチ五輪では、高梨が跳ぶときに限って不利な追い風になっていた。

「それでも負けたことを風のせいには一切せず、“まだまだ努力しないといけないけど、やれることはすべてやってきた”と語っていました。“今はすべてを平昌にかけています”と、相当な覚悟をもっていることがひしひしと伝わってきました」

平昌では、彼女が跳ぶ番になると、ジャンプに有利な向かい風が吹いた。

「不思議ですよね。風の神さまが、高梨さんのために風を吹かせて下さったのでしょう」(上田宮司)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.