くらし情報『亀梨和也 木製バットでホームラン打ち球界の評価上げた過去』

亀梨和也 木製バットでホームラン打ち球界の評価上げた過去

2018年3月27日 17:00
 

関連リンク

・マーヴィン・ゲイ伝記映画、製作進行中の報道を遺族が否定
・サンド富澤、U字工事のCDデビューを応援「栃木出身のU字工事が歌うからこそいい『東京』の歌」
・浜田ブリトニー、第1子をテレビ初公開し「今後はブログでも公開しちゃいます」と宣言
image


人気グループ・KAT-TUN亀梨和也(32)が今年も日本テレビ系プロ野球中継のスペシャルサポーターを務める。3月25日に取材に応じた様子を、各スポーツ紙が報じた。

亀梨が同サポーターをつとめるのは8年連続。中継テーマソングは、活動を再開した同グループの新曲「FUNtastic」に決定。曲名「FUN」は野球の「ファン」にも由来しており「今年はファンの方にたくさん話を聞いていきたい。ファンの方の疑問を選手たちにぶつける橋渡し的な存在になれれば」と意気込んでいるという。

「小学校1年から野球を始め、本気で甲子園を目指していたという亀梨さん。そのため野球に対して敬意を払い、グラウンドに入る際もグラウンドから出る際もきちんと一礼するんです。球場に来た多くのタレントを見てきましたが、あそこまでできるタレントはいなかった。サポーターとして彼以上の適任者はいません」(スポーツ紙の野球担当記者)

そんな亀梨だが、スポーツ情報番組「Going!Sports&News」(日本テレビ系)の企画でなんとホームランをかっ飛ばしていたのだ。

「木製バットでホームランを打つという無謀なプロジェクトでした。最初は球が外野まで届かず、亀梨さんは猛特訓。番組で『最近、マイクを握っている時間よりもバットとかボールを持っている時間の方が長いので』と話していたほどでした。局の楽屋や廊下でも素振りを重ね、手はマメだらけ。筋トレでのパワーアップも果たし、プロジェクトスタートから2年半後の13年1月放送でレフトスタンドに白球をたたき込んだのです。これには球界からも評価の声が上がっていました」(テレビ局関係者)

選手・ファン両方の目線で、今年も大いにプロ野球を盛り上げてくれそうだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.