くらし情報『宝くじのゲン担ぎは「ジャンボ餃子」!販売員の粋なアイデア』

宝くじのゲン担ぎは「ジャンボ餃子」!販売員の粋なアイデア

2018年4月5日 11:00
 

image


ドリームジャンボ宝くじが4月4日に発売(1等・前後賞合わせて5億円)!本誌が調べてみると、全国の有名売り場には、億当せんを願って食べるゲン担ぎ「勝負飯」が数多く存在することがわかった。そこで、ドリームジャンボに合わせ、売り場に伝わる「億招き勝負飯」を紹介。

東京都「新宿京王デパート前売場」は、’13年サマー5億円が出るなどの実績がある売り場。店を守るのは川村イミさん、明子さん母娘。2人がよく食べるのが、新宿思い出横丁の「餃子の安亭」の餃子だ。

「もともと店主の佐々田新樹さんが30年来の宝くじ好きで」(川村イミさん)

佐々田店主はアイデアマンで、ジャンボ宝くじ発売期間に合わせて、店特製・ジャンボ餃子を販売している。今回はなんと円形の9センチ大の餃子に金箔を貼った、ジャンボ金メダル餃子が登場。

「金箔がいかにも億を呼びそう。でも食べると普通においしい餃子(笑)」(川村さん)

昨年年末では、全国で唯一1等10億円2本を出した東京都「有楽町大黒天」。

「販売初日には、社長が『まい泉』のヒレかつサンドを用意して配り、出陣するしきたり」(販売担当・肥田俊之さん)

これは“勝利を挟む”というゲン担ぎだ。

つづいて愛知県「ヤマホウエアポートもづや店」。売り場オープンから10年目、昨年ハロウィンで初めて1等4億円を出したが、その陰の立役者が、名古屋のソウルフードであるうなぎのひつまぶしだとか。

「スクラッチを買ったお客さんから『家族でひつまぶしを食べながら削ったら30万円が当たった』と、教えられたのが始まり。うなぎのぼりの言葉もあるし、売り場の運気を上げられるように、販売員みんなで食べることにしています」(店主・宇野貴子さん)

関西と言えば粉ものが有名。勝負飯もやはり。2大粉ものが登場だ。まず、過去20年間で295人の億万長者を生んでいる人気売り場・大阪府「大阪駅前第4ビル特設売場」(直近億実績・’17年ドリーム7億円)。 

「たこは英語でオクトパス。オク(億)の字が含まれることから、もともと宝くじ業界では、たこ焼きは縁起がいい食べもの。でも普通のたこ焼きよりもっとパワフルなものはないかと探して見つけたのが、その名も『じゃんぼ総本家』の大玉たこ焼きでした」(販売担当・野田保隆さん)

関西に100店舗以上、都内にも支店がある有名チェーン店だが、たしかに普通のたこ焼きより一回り大きい。

「大玉だけに具のたこも大きい。オクトパス効果も絶大と思ってます」(野田さん)

’17年サマー7億円が出た大阪府「磯上チャンスセンター」。販売員・俵谷みよ子さんは、日ごろから売り場脇で営業している「からやき洋食みつたか」のお好み焼きを食べていた。

「『からやき』とは、地元・岸和田で具の入っていないお好み焼きのこと。この店でいちばん豪華なのが、7種の具材が入った七福神焼。サイズもジャンボやし、名前も縁起がええから、ジャンボの初日など、節目の日に食べるように。そうしたらホンマに売り場から7億円(笑)。まさかと思いました」

全国の売り場秘伝の億招き勝負飯。あなたも食べてから買いに行ってみてはいかが?

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.