くらし情報『赤楚衛二の原動力「楽しんでくれる人がいるから僕は頑張れる」』

2021年8月11日 07:00

赤楚衛二の原動力「楽しんでくれる人がいるから僕は頑張れる」

赤楚衛二 撮影:奥田耕平

撮影:奥田耕平



素直で、嘘がない。俳優・赤楚衛二はまっすぐに伸びる新緑のような人だ。そんな彼が8月13日公開の映画『妖怪大戦争 ガーディアンズ』で演じるのは、いつも自分の考えとは真逆の回答をするひねくれ屋の天邪鬼(あまのじゃく)。まるで本来の自分とは正反対のキャラクター。でも、だからこそ演じる楽しさがある。

そして、演じる中で天邪鬼と似ている部分も見つけたと言う。一見まるで天邪鬼に見えない赤楚衛二の天邪鬼なところははたしてどんなところだろうか。

僕のアイデンティティは鼻なのかもしれない

赤楚衛二の原動力「楽しんでくれる人がいるから僕は頑張れる」


――最初に天邪鬼を見たとき、言われなければ赤楚さんだと全然わかりませんでした(笑)。

自分でも何度見ても見慣れないというか。いまだに僕ではないんじゃないかと思うくらい別人だなと(笑)。でも実はそんなにすごく何かをしたわけではなくて。肌を塗って、カラコンつけて、あとは鼻ぐらい。鼻だけでこれだけ印象が変わるんだったら、僕のアイデンティティは鼻なんじゃないかなと思ったりもします(笑)。

――妖怪役ということで、演技の方法論みたいなものは他の作品とは変わりますか?

がっつり変わりますね。人間じゃなくてもいいんだということで、枷が外された感覚がありました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.