くらし情報『水田わさび&大原めぐみが解説! 『映画ドラえもん のび太の新恐竜』の注目ポイント』

2020年8月6日 07:00

水田わさび&大原めぐみが解説! 『映画ドラえもん のび太の新恐竜』の注目ポイント

(写真左から)大原めぐみ、水田わさび


人気シリーズの最新作『映画ドラえもんのび太の新恐竜』が7日(金)から公開になる。本作は記念すべき映画40作目で、今年は『ドラえもん』誕生から50周年を迎える記念すべき年。ドラえもん役の水田わさびと、のび太役の大原めぐみがシリーズに参加してからもすでに16年が経過しているが、ふたりはいまも長編映画を“特別なもの”と捉えているようだ。

藤子・F・不二雄の名作漫画『ドラえもん』の始まりは短編作品で、1980年に初めての長編『のび太の恐竜』が製作された。その後、スタッフやキャストが一新されたタイミングで『のび太の恐竜2006』が製作。映画ドラえもんにとって恐竜は特別な存在だ。

最新作では、のび太が恐竜博で偶然に拾った化石から双子の恐竜キューとミューが誕生。のび太やドラえもんたちは小さな恐竜を生まれた時代に返すために恐竜たちが暮らしていた6600万年前に旅立つが、そこにはこれまで以上の試練と冒険が待ち構えていた。

毎春の映画ドラえもんは、作品ごとに監督や脚本家が異なるため、参加するスタッフによって作品の個性やカラーが異なる。本作を担当した監督:今井一暁×脚本:川村元気は2018年の『のび太の宝島』を手がけたコンビで水田は「このふたりがつくる作品は笑いと泣きのバランスが絶妙です!」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.