くらし情報『Sexy Zoneの新曲「夏のハイドレンジア」が中島健人×小芝風花W主演ドラマ『彼女はキレイだった』主題歌に、作詞作曲は秦 基博』

2021年6月9日 08:00

Sexy Zoneの新曲「夏のハイドレンジア」が中島健人×小芝風花W主演ドラマ『彼女はキレイだった』主題歌に、作詞作曲は秦 基博

Sexy Zone「夏のハイドレンジア」アーティスト写真


今年11⽉16⽇にデビュー10周年を迎えるSexy Zoneの21枚⽬のニューシングル「夏のハイドレンジア」がドラマ『彼⼥はキレイだった』の主題歌に決定した。

Sexy Zone中島健⼈と⼩芝⾵花がダブル主演を務めるこのドラマは、真逆の成⻑を遂げた⼆⼈が織りなす“すれ違う初恋の⾏⽅”を描くラブストーリー。中島健⼈が冴えない太っちょの少年からイケメン“最恐毒⾆”エリートになった⻑⾕部宗介を演じ、優等⽣の美少⼥から無職の残念⼥⼦になった佐藤愛を⼩芝⾵花が演じる。

その主題歌となる「夏のハイドレンジア」は秦 基博がこのドラマに向けて書き下ろした楽曲で、ヒロインを都会の⾬の中でも凛と咲くアジサイの花(ハイドレンジア)に⾒⽴て、「そのままのあなたでいいんだよ」と優しく包み込んでくれるような⼀曲。ドラマを彩る、切なくも温かい、聴き終わると幸せな気持ちになれるサマーラブソングとなっている。

「夏のハイドレンジア」は初回限定版A、初回限定盤B、通常盤の全3形態で8月4日にリリース。今回に発表に際し、Sexy Zoneメンバーと秦 基博からコメントが届いている。

佐藤勝利 コメント
この曲の歌詞を⾒て、ハイドレンジア(アジサイ)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.