くらし情報『橘ケンチのコラボ日本酒を集めたフェアが開催 白糸酒造『田中六五橘』造りの過程をレポート!』

2021年3月23日 07:00

橘ケンチのコラボ日本酒を集めたフェアが開催 白糸酒造『田中六五橘』造りの過程をレポート!

橘ケンチのコラボ日本酒を集めたフェアが開催 白糸酒造『田中六五橘』造りの過程をレポート!

酒米の糠(ぬか)を洗い落とした洗米の後は水切りをして翌日の蒸米に備える。

『田中六五橘』は“これからの白糸酒造の指針となる酒造り”に

その田中杜氏が、東京農業大学醸造科学科から酒類総合研究所などを経て、蔵へ戻ったタイミングの2009年夏に立ち上げた日本酒が『田中六五』。白糸酒造にとっては、まさにアイデンティティとも言える存在だ。橘は2020年12月発売の『橘6513』に続いてこの人気銘柄とコラボすべく白糸酒造を訪れ、田中杜氏から日本酒造りのノウハウを伝授されながら、様々なディスカッションを経て『田中六五橘』を完成させた。その完成度は、田中杜氏をして「これからの当蔵の指針となる酒造りとなった」と言わしめるほど。橘も、「扁平精米という特殊な方法を取り入れたおかげで、雑みが極度に少なくなめらかでシルキーなお酒に仕上がっています。昨年末に発表した対となる『橘6513』は低アルコールで1杯目から飲みやすいお酒ですが、途中から『田中六五橘』に切り替えていただくと、より食事とのマリアージュを楽しんでいただけると思います」と語っている。

橘ケンチのコラボ日本酒を集めたフェアが開催 白糸酒造『田中六五橘』造りの過程をレポート!

金属製ではなく、昔ながらの木製の甑(こしき)にこだわり米を蒸し上げる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.