くらし情報『家族を失った人々の再生を描く『月の獣』を4年ぶりに』

2019年12月7日 00:00

家族を失った人々の再生を描く『月の獣』を4年ぶりに

『月の獣』


社会派作品から『おっさんずラブ』まで、硬軟自在の存在感を見せる眞島秀和。ダメ男にベタボレのヒロインを演じた映画『愛がなんだ』で、鮮烈な印象を残した女優・岸井ゆきの。このふたりが夫婦役を演じる舞台『月の獣』が本日12月7日より東京・紀伊國屋ホールで開幕する。

アメリカの劇作家・リチャード・カリノスキーが、第1次世界大戦中に起きたアルメニア人迫害の実話に基づいて描いた本作。1995年の初演から20カ国以上で上演されてきた物語だ。演出は、2015年の日本初演時にも演出を手がけた栗山民也。共演に、百戦錬磨のベテラン・久保酎吉と、2006年生まれの有望株・升水柚希が名を連ねる。

物語の舞台は、第1次世界大戦の終戦から3年が経った1921年、アメリカ・ミルウォーキー。生まれ育ったオスマン帝国(現在のトルコ)による迫害で家族を失い、アメリカへと亡命したアルメニア人の青年・アラム(眞島)は、同じアルメニア人の孤児・セタ(岸井)を写真だけで選び、結婚する。理想の家族像をセタに強制するアラムと、それに応えられないセタ。そんなふたりの前に、ひとりの少年(升水)が現れる。孤児である彼との出会いにより、アラムの「家族」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.