くらし情報『【『アトムの童(こ)』第2話感想・考察】ドラマオタクが選ぶ、男の友情がアツすぎたシーン3選』

【『アトムの童(こ)』第2話感想・考察】ドラマオタクが選ぶ、男の友情がアツすぎたシーン3選

目次

・シーン1:隼人がSAGASに入社した理由を知り、那由他が気持ちをぶちまけるシーン
・シーン2:プレイの仕方で隼人だとわかるシーン
・シーン3:隼人がアトム玩具への入社を決意したシーン
【『アトムの童(こ)』第2話感想・考察】ドラマオタクが選ぶ、男の友情がアツすぎたシーン3選

ドラマ好きなイラストレーター、ゆう。(@yamapyou)さんによるドラマコラム。

2022年10月スタートのテレビドラマ『アトムの童』(TBS系)の見どころや考察を連載していきます。

ゲーム作りをテーマとした日曜劇場、山﨑賢人主演の『アトムの童』。

過去に天才ゲームクリエイターだった主人公が、アトム玩具の一人娘・富永海と出会い、ゲーム作りを再開することになるストーリーだ。

そして初回より増してぐんっと面白くなった第2話。

その理由は、主人公、安積那由他(あづみ・なゆた)がゲームクリエイター『ジョン・ドゥ』としてタッグを組んでいた隼人(松下洸平)との過去が明らかとなったからだ。


【『アトムの童(こ)』第2話感想・考察】ドラマオタクが選ぶ、男の友情がアツすぎたシーン3選

共になってゲームに全力を注いだ青春。信頼できる相棒と夢中にゲームを作るのが楽しかったあの頃。

そんな甘酸っぱさと、好きなものに夢中になる熱い気持ちが入り混じった展開。これほど胸がアツくなるのは久しぶりである。

今回はドラマオタクの筆者が選ぶ、めちゃくちゃに心が震えたアツいシーン3選を紹介したい!

シーン1:隼人がSAGASに入社した理由を知り、那由他が気持ちをぶちまけるシーン

那由他と隼人の壮絶な過去。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.