くらし情報『【『アトムの童(こ)』第3話感想・考察】松下洸平の繊細な演技に注目!ファンの情熱は人を動かす』

【『アトムの童(こ)』第3話感想・考察】松下洸平の繊細な演技に注目!ファンの情熱は人を動かす

目次

・那由他と隼人の大きな成長
・松下洸平の繊細な演技に注目
【『アトムの童(こ)』第3話感想・考察】松下洸平の繊細な演技に注目!ファンの情熱は人を動かす

ドラマ好きなイラストレーター、ゆう。(@yamapyou)さんによるドラマコラム。

2022年10月スタートのテレビドラマ『アトムの童(こ)』(TBS系)の見どころや考察を連載していきます。

二人の青年がゲームづくりに奮闘するドラマ、日曜劇場『アトムの童(こ)』(TBS系)。

熱い友情と、ものづくりに対する想いに、視聴者は心の奥底にある熱い何かが揺さぶられる感覚を味わっているのではないだろうか。

今回は隼人演じる松下洸平の繊細な演技にも注目する。

那由他と隼人の大きな成長

那由他(山﨑賢人)と隼人(松下洸平)が『アトム玩具』でゲーム作りを始めて10か月。アトム玩具に突如、倒産の危機が訪れる。


日曜劇場お決まりの『融資問題』だ。

やよい銀行の小山田(皆川猿時)から5千万円の融資を受けていたアトム玩具だったが、突然、融資金の即時返金を迫られる。期限は1か月。

そんなの無理に決まってる…という無理ゲーからの打開。

この枠、鉄板の展開を見せられているのだが、このピンチをどう乗り切るのかが見せ所だ。そんな視聴者をよそに資金を募るため駆け回る海(岸井ゆきの)たち。

その姿を見た那由他と隼人は、二人のゲームのために必死になる海と亡くなった親友・公哉を重ねていた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.