くらし情報『詩を「体感する」インスタレーションを展開 『最果タヒ展』 が渋谷PARCOにてスタート』

2020年12月4日 18:00

詩を「体感する」インスタレーションを展開 『最果タヒ展』 が渋谷PARCOにてスタート

》は、来場者の動く方向や向きで言葉の並びが無限に変わっていく。

来場者は、彼女の言葉の世界に分け入るために、上げる、しゃがむ、など通常の「読む」動作とは異なる動きをすることが求められる。いつもとは異なる言葉との向き合い方をすることで、来場者には新しい発見や感覚がもたらされるだろう。

詩を「体感する」インスタレーションを展開 『最果タヒ展』 が渋谷PARCOにてスタート

《詩ょ棚》
詩を「体感する」インスタレーションを展開 『最果タヒ展』 が渋谷PARCOにてスタート

《詩っぴつ中》
本の背表紙やスマートフォンの液晶などを使ったインスタレーションからは、言葉が書物だけでなく、あらゆるところで用いられていること、そしてその場からでも詩や芸術があるということにも気付かされる。

渋谷PARCO内では、ミュージアムだけではなく、東急ハンズ側の外壁を使って幅6メートルを超えるアートウオール「初雪の詩」を展示、5階にある「Root F」では、デジタル技術を用いて、長さ約18mの空間通路の床に最果の詩が展示される予定。また。地下1階の「甘味 おかめ」では、最果の詩の世界を和菓子で表現した特別メニュー、「冬の紫の詩」(950円)が登場する。このほか、南果歩や和田彩花などが登壇するトーク+朗読イベントも開催される。

詩や文学を“体感する”といういままでにない体験、そして新しい発見ができる貴重な展示だ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.