くらし情報『HYDE、ツアーファイナル公演レポート到着 映像作品として発売&6月より全国ツアー開催も決定』

2021年3月8日 11:15

HYDE、ツアーファイナル公演レポート到着 映像作品として発売&6月より全国ツアー開催も決定

「HYDE LIVE 2020-2021 ANTI WIRE」


今年でソロ活動20周年を迎えるHYDEが、その幕開けとして2020年末から年をまたいで開催したツアー「HYDE LIVE 2020-2021 ANTI WIRE」のファイナル公演が3月6日、7日に大阪城ホールで開催された。

開演時刻と同時に紗幕が落ち、立ち現われるステージ。ファイナルのスタートを飾ったのはここまでの6都市9公演同様、「UNDERWORLD」だ。荒廃した近未来都市〈NEO TOKYO〉が描かれた緻密なステージセットを背に、椅子代わりのドラム缶に腰掛けてフロアタムを打ちつけながら不敵な歌声を轟かせるHYDEの姿が露になるや、会場いっぱいに声なき歓喜が一斉に広がる。続いて「AFTER LIGHT」に突入し、通常のライヴではシンガロングが巻き起こる場面に差しかかるとHYDEは「エブリバディ、ハミング!」と口を開けずに声が出せる方法を示唆。恐る恐るといった様子で客席から届いたか細いハーモニーに途端に相好を崩した。その後もことあるごとに「クラップ!クラップ!」「鳴らしていこうぜ!」と客席を煽っていく。

オーディエンスは声を出せない代わりに持ち込みが許可されたタンバリンなどの楽器類や、予め歓声を吹き込んだヴォイスレコーダー、その他音の出るオモチャなどを駆使して演奏を盛り上げる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.