くらし情報『阿久津仁愛の現在地「芝居はうまく見せようとするとダメ」』

2024年5月29日 12:00

阿久津仁愛の現在地「芝居はうまく見せようとするとダメ」

阿久津仁愛 (撮影:友野雄)

(撮影:友野雄)



2014年、ジュノン・スーパーボーイ・コンテストで準グランプリを獲得。2016年、ミュージカル『テニスの王子様』で主人公・越前リョーマ役を演じ、一躍脚光を浴びた阿久津仁愛も23歳となった。

近年は舞台のみならず映像でも活躍。『around1/4 アラウンドクォーター』『BLドラマの主演になりましたクランクアップ編』『ナースが婚活』と着々と出演作を重ねている。

そして、5月31日公開のムビ×ステ『邪魚隊/ジャッコタイ』にキーパーソンとなる田舎武士・水野平馬役で出演。大人になった阿久津仁愛は、今どんなことを考え、芝居と向き合っているのだろうか。

古田新太から学んだ芝居で最も大切なこと

阿久津仁愛の現在地「芝居はうまく見せようとするとダメ」


舞台から映像までジャンルレスに活動する阿久津仁愛のドラマデビュー作となるのが、2019年に放送されたドラマ『俺のスカート、どこ行った?』。そこで出会った主演の古田新太が、今も阿久津の中で強烈な光を放っているという。

「古田さんの何がすごいかというと、現場にいるともうその役にしか見えないんです。俳優って、どうしてもオフの空気感だったり、その人の雰囲気が役から漏れ出ちゃうものだと思うんですけど、古田さんはそれがない。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.