くらし情報『伝説の超大作『地獄の黙示録』が期間限定でIMAX上映』

2020年2月27日 00:00

伝説の超大作『地獄の黙示録』が期間限定でIMAX上映

『地獄の黙示録 ファイナル・カット』 (C)2019 ZOETROPE CORP. ALL RIGHTS RESERVED.

(C)2019 ZOETROPE CORP. ALL RIGHTS RESERVED.



フランシス・フォード・コッポラ監督の衝撃作『地獄の黙示録』が明日から全国のIMAX劇場で期間限定で上映される。今回は公開40周年を記念して製作された“ファイナル・カット”版での上映だ。

映画ファンの間には繰り返しタイトルがあがる名作、大作、問題作が多く存在するが『地獄の黙示録』も長年に渡って何度もその名があがり、賛否両論が渦巻いてきた作品だ。舞台はベトナム戦争が続く1969年。ウィラード大尉(マーティン・シーン)は、カンボジアのジャングルにいるカーツ大佐(マーロン・ブランド)の暗殺を命じられる。カーツ大佐は軍の命令を無視して暴走し、ジャングルに独自の王国を築いているという。ウィラードは船に乗り込み、河を移動しながら戦争下のベトナムをくぐり抜け、カーツ大佐のいるジャングルを目指す。

脚本家のジョン・ミリアスとジョージ・ルーカスが温めていた企画をコッポラが引き継いで製作された本作は、壮大なスケールで撮影が開始されるも、セットは台風で流され、主役が交代し、キャストは病で生死の境をさまよい、ついにはコッポラも心労で倒れるほど過酷な撮影が続いた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.