くらし情報『「血が、汗が、涙がデザインできるか」  伝説のデザイナー石岡瑛子の世界初の回顧展をレポート!』

2020年11月26日 18:00

「血が、汗が、涙がデザインできるか」  伝説のデザイナー石岡瑛子の世界初の回顧展をレポート!

展示風景より シルク・ド・ソレイユ「ヴァレカイ」衣装


アートディレクター、デザイナーとして世界を舞台に活躍した石岡瑛子の足跡を辿る展覧会『石岡瑛子 血が、汗が、涙がデザインできるか』が2021年2月14日(日)まで東京都現代美術館で開催されている。彼女についての世界で初めてとなる大規模回顧展だ。
「血が、汗が、涙がデザインできるか」  伝説のデザイナー石岡瑛子の世界初の回顧展をレポート!


石岡瑛子(1938〜2012)は、東京藝術大学美術学部を卒業後、資生堂に入社。当時、女性としては非常に珍しかったアートディレクターとして、広告キャンペーンのデザインやディレクションに携わっっていった。なかでも、1966年に前田美波里を起用した夏のキャンペーン広告は、それまでの「やまとなでしこ」的な女性が好まれていた化粧品広告にはなかった健康的な女性と力強いデザインが評判となり、社会現象にまでなったほどだ。

「血が、汗が、涙がデザインできるか」  伝説のデザイナー石岡瑛子の世界初の回顧展をレポート!

展示風景より。前田美波里をキャンペーンガールとして起用した資生堂のポスターなど
本展は彼女の活動を時系列で追い、「Timeless:時代をデザインする」、「Fearless:出会いをデザインする」、「Borderless:未知をデザインする」の3章で構成されている。展覧会タイトルの「血が、汗が、涙がデザインできるか」は、2003年に行われた世界グラフィックデザイン会議での講演で彼女が語った言葉に由来したものだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.