くらし情報『20歳になった「さくらしめじ」がお芝居と歌で魅せた有観客ライブ「会えなかった時間が僕たちの歌を深いものにしてくれた」』

2021年4月5日 18:00

20歳になった「さくらしめじ」がお芝居と歌で魅せた有観客ライブ「会えなかった時間が僕たちの歌を深いものにしてくれた」

と怒れば彪我は雅功を「周りを見ずに突っ走ってばかり」と非難をする。「もう一回言ってみろよ!」と雅功は彪我の胸倉をつかみ、一触即発の空気に!先ほどまであんなに仲良く歌っていたのに、雅功は「お前の顔なんか2度と見たくない」と言い、彪我は黙って姿を消してしまう。さくらしめじの歌がみんなを幸せにし、その幸せパワーできのこに花が咲かせる……という単純な話ではないのだ。

20歳になった「さくらしめじ」がお芝居と歌で魅せた有観客ライブ「会えなかった時間が僕たちの歌を深いものにしてくれた」

20歳になった「さくらしめじ」がお芝居と歌で魅せた有観客ライブ「会えなかった時間が僕たちの歌を深いものにしてくれた」

歌なら気持ちが伝えられる

一度ステージから立ち去った2人はエレキギターを手に再び登場し演奏したのは『たけのこミサイル』。歌の最中もケンカは収まらない。言葉だけではなく、ギターの音、互いの歌声で殴り合っているようだ。圧倒されたかのように、シンと静まり返る客席。声を発することは禁じられた公演だが、それさえも演出のひとつのように感じられる。

ひとり、ステージに現れた雅功は強がりを言う。「ひとりのほうが気楽だな」しかし、そんなのは本心じゃない。静かな中野サンプラザに、雅功の小さな寂しい言葉が響く。本当はケンカをしたいわけじゃない。謝るきっかけさえあれば。

後から姿を現した彪我も何か言いたげだ。でもうまく言えない。

「言いたいことはきっと似たようなことだよね」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.