くらし情報『家族で唯一耳が聞こえる女子高生の葛藤:『CODA』』

2021年2月1日 11:00

家族で唯一耳が聞こえる女子高生の葛藤:『CODA』

『CODA』 Sundance.org

Sundance.org



2016年の監督デビュー作『タルーラ〜彼女たちの事情〜』をサンダンスでお披露目したシアン・へダーが、その次の作品『CODA』で再びこの映画祭に戻ってきた。

タイトルは、『Child of deaf adult』。つまり耳の聞こえない大人の子供という意味。主人公の高校生ルビーはまさにその例で、両親も、兄も、耳が聞こえず、生まれた時からずっと家族の通訳の役割を果たしてきた。父、兄は漁師だが、収穫物を売るためにも、ルビーの助けが必要だ。そんな中、音楽が好きなルビーは学校のコーラス部に参加し、顧問のヴィラロボス先生に優れた才能を発見される。卒業後も家業を助けるのだろうと思っていたルビーに、先生は、ボストンの名門音楽学院バークリーの試験を受けるよう勧めた。しかし、ルビーがいなくなると聞こえる人たちとのコミュニケーションが絶たれると、両親は賛成しない。

高校生が自分の将来について悩む、あるいは親が期待するのと違う道に進みたいと葛藤する話は何度も語られてきたが、この状況は独特。両親の仲が良く、愛に満ちた家庭であることも、ルビーのジレンマを強くする。ルビーが舞台で歌うシーンで、しばらく音を遮断し、両親と兄の視点で体験させるのも感動的だ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.