くらし情報『女の30代はほぼ厄年!? 初詣で、さらなる開運厄除を願うためのご祈祷入門』

2017年1月1日 09:00

女の30代はほぼ厄年!? 初詣で、さらなる開運厄除を願うためのご祈祷入門


美しい神殿内には、一歩足を踏み入れるとピンと張り詰めた清々しい空気が満ち溢れています。それだけにどうすればいいか不安になりがちですが、心配はいりません。必要なことはその場で教えていただけますから、宮司のご指示に素直に従いましょう。そして特別な空間で直接神様とご縁を結んで、願いを叶えていただきましょう。

ご祈祷は思い立った日にお願いすれば運を呼び込める

女の30代はほぼ厄年!? 初詣で、さらなる開運厄除を願うためのご祈祷入門

ご祈祷は特別なものではありません。神様とご縁を結びたい時や、お清めをしたいと思った日が、ご祈祷をしていただく吉日です。社務所で申し込み、名前を呼ばれたら神殿に入り、宮司の指示に従います。神社によっては前もっての予約が必要な場合もあるので、事前に確認を。服装はあまりにラフなものや素足やミニスカートは厳禁。神様の前に進むのにふさわしい服を心がけます。

神殿では、宮司さんのご指示に従って大人の振る舞いで

女の30代はほぼ厄年!? 初詣で、さらなる開運厄除を願うためのご祈祷入門

神社によって多少の違いはありますが、基本は、太鼓の音で始まり、大麻でのお清め、祝詞の奏上、鈴振り、玉串の奉納、終わりの言葉で終了です。最後にお神酒とお札などをいただきます。いただいたお札は、南か東を向けて目線より高い場所に安置します。新年には神社にお返しして、新しいお札をいただきましょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.