くらし情報『《おうち時間を豊かに彩ってくれる一冊》馴染みの深い折り鶴の折り方を少し工夫すると、実用的に楽しめるおりがみに!』

2021年4月4日 18:03

《おうち時間を豊かに彩ってくれる一冊》馴染みの深い折り鶴の折り方を少し工夫すると、実用的に楽しめるおりがみに!

株式会社誠文堂新光社(東京都文京区)は、2021年4月6日(火)に、『伝承の折り鶴・連鶴からちょっと難しいユニットおりがみまで鶴のおりがみ』を発売いたします。

《おうち時間を豊かに彩ってくれる一冊》馴染みの深い折り鶴の折り方を少し工夫すると、実用的に楽しめるおりがみに!


おりがみを折るとなったときに、まず最初に折るのは「折り鶴」なのではないでしょうか。

《おうち時間を豊かに彩ってくれる一冊》馴染みの深い折り鶴の折り方を少し工夫すると、実用的に楽しめるおりがみに!


おりがみを折ったことがある人なら、ほとんどの人が折り鶴の折り方を知っていると思います。

本書はそこに工夫をこらし、変身させたものを集めました。

《おうち時間を豊かに彩ってくれる一冊》馴染みの深い折り鶴の折り方を少し工夫すると、実用的に楽しめるおりがみに!


鶴のパーツをつなげてリースにしたり、くす玉にしたり、箸袋やポチ袋など実用的なおりがみも幅広く紹介しています。

馴染みの深い折り鶴の折り方に少し工夫するだけでバリエーションは豊かになります。直球あってこその変化球ですが、その妙味を味わっていただけたら幸いです。

《おうち時間を豊かに彩ってくれる一冊》馴染みの深い折り鶴の折り方を少し工夫すると、実用的に楽しめるおりがみに!


そして折り方を自分のものにした上で、気に入った紙を選んで折ってみてください。

市販のおりがみ用紙で折るのもいいですが、和紙やラッピングペーパーなど、おしゃれな紙を使うと、伝承のおりがみがいつもと違った印象に変化します。

《おうち時間を豊かに彩ってくれる一冊》馴染みの深い折り鶴の折り方を少し工夫すると、実用的に楽しめるおりがみに!


【目次】

《おうち時間を豊かに彩ってくれる一冊》馴染みの深い折り鶴の折り方を少し工夫すると、実用的に楽しめるおりがみに!


《おうち時間を豊かに彩ってくれる一冊》馴染みの深い折り鶴の折り方を少し工夫すると、実用的に楽しめるおりがみに!


【著者プロフィール】

布施知子(ふせ・ともこ)

新潟生まれ。直線の際立つおりがみ作品を目指す。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.