くらし情報『I邸-コンパクトな間取りに廊下が2本!? 狭くならずに暮らしやすくなった理由』

2021年11月2日 16:33

I邸-コンパクトな間取りに廊下が2本!? 狭くならずに暮らしやすくなった理由

今回、リノベーションしたお宅は、62.42㎡の比較的コンパクトなマンション。中央に廊下があるオーソドックスな3LDKを2本の廊下がある2LDKに変更しました。Iさんご夫妻は、ゆったりできるLDKと寝室、楽器を弾ける個室があることをご希望。お二人とも仕事をしているので、家事や暮らしがスムーズに回るように水回りが使いやすいことも重要でした。

ご提案したのが「2本目の廊下」。通路としてだけではなく、洗面室のスペース、浴室の脱衣スペース、キッチンのスペースなどを兼ねています。人目が気になる脱衣スペースには前後に扉がついていて、入浴するときは個室になるように工夫。廊下が居住空間の一部を担っているので、全体的に狭さを感じることがないのです。

家全体に回遊性が生まれ、行き来しやすく、空気もスムーズに流れていきます。用途を考えた上で、LDKや個室は元の間取りよりは少しだけ狭くしましたが、廊下が脱衣スペースなどを兼ねることで、2本目の廊下を実現しています。「廊下をもう1本増やしたのに、狭く感じない」のは、こんな理由がありました。

I邸-コンパクトな間取りに廊下が2本!? 狭くならずに暮らしやすくなった理由

アイランドキッチンの背面には収納を設けず、スッキリと。その分、脇に収納を設けている

I邸-コンパクトな間取りに廊下が2本!? 狭くならずに暮らしやすくなった理由

アイランドキッチンからリビング。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.