くらし情報『気づいているけど静観 調査に見る「夫の浮気」を我慢する妻たちのホンネ』

気づいているけど静観 調査に見る「夫の浮気」を我慢する妻たちのホンネ

2018年3月10日 18:00
 

関連リンク

・草刈正雄、高畑充希の“タメ口”演技「クセになりそう。もっと叱って」
・トレエン斎藤、第1子女児まもなく誕生へ「兆しは見えています」
・野性爆弾くっきー “素敵な旦那様”を演じるもファン混乱「内容が入ってこない…」
気づいているけど静観 調査に見る「夫の浮気」を我慢する妻たちのホンネ

不倫や浮気は芸能界に限ったことにあらず。過去にmamatennaが行った独自調査(2015年7月実施 インターネット調査)によれば、31.3%の妻が夫の「浮気を暴いた経験がある」と回答。「浮気を疑った経験がある」は42.4%となり、浮気は多くの夫婦が直面しやすい問題だということが浮き彫りに…。

アンケートで浮かび上がった浮気と妻のホンネの実態

もしも、夫の浮気が発覚したら、やはり離婚を考える妻は多いのでしょうか? 「今後、夫の浮気が発覚した場合、あなたがとると思われる行動に近いものは?」という質問をすると、以下のような回答が。

1位「問答無用で離婚を要求する」23.1%
2位「いったん距離を置くなどして様子をみる」22.1%
3位「夫に関心がないので特に何もしない」15.4%
4位「納得するまでとことん話し合う」14・4%
5位「怒りが収まるまで、夫を追い詰める」11.5%
5位「浮気相手ともども謝罪を要求する」11.5%

離婚を要求するという回答はもっとも多かったものの、全体の約2割。前出「浮気を暴いたことがある」と回答した3割の妻たちの回答も含まれているということを考慮すると、実際には2位や3位のように、静観や無関心という態度で我慢している妻たちの実状が明らかに。

ちなみに、「浮気を暴いた経験がある」「浮気を疑った経験がある」と答えた妻に浮気疑惑を抱くきっかけとなった夫の行動について聞くと、1位は「携帯電話にロックをかけるようになった」で45.2%、次点「トイレや浴室にも携帯電話を持ち込むようになった」43.8%、「夜の営みが減った」34.2%、「残業が増え、帰宅が遅くなった」23.9%、「態度が冷たくなった」20.5%、「身だしなみに気をつかうようになった」20.5%と続く。

夫の普段とは異なる変化から敏感に浮気を察知しつつも、ひとまず我慢。今回の調査では、誰にも相談できない想いを抱えている妻たちのホンネがつまびらかになりました。
(文・団子坂ゆみ/考務店)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.