くらし情報『自動車保険料が高い代理店型を選ぶメリットとは?ダイレクト型自動車保険との違いを比較して考える』

2019年5月10日 18:36

自動車保険料が高い代理店型を選ぶメリットとは?ダイレクト型自動車保険との違いを比較して考える

目次

・代理店型自動車保険とダイレクト型自動車保険との違い
・代理店型自動車保険のメリットとポイントまとめ
・代理店型自動車保険に加入する場合の注意点
・まとめ
自動車保険料が高い代理店型を選ぶメリットとは?ダイレクト型自動車保険との違いを比較して考える


自動車保険は、代理店型自動車保険とダイレクト型自動車保険の2つに大別され、これら2つの違いの1つとして負担保険料の違いがあります。

通常、同じ条件で比較した場合、代理店型自動車保険の方が、ダイレクト型自動車保険よりも保険料が高くなりますが、代理店型自動車保険を選ぶメリットはどこにあるのでしょう?

本記事は、代理店型自動車保険を選ぶメリットについて、ダイレクト型自動車保険との違いを比較して考えてみます。

代理店型自動車保険とダイレクト型自動車保険との違い

代理店型自動車保険のメリットを知るには、やはり、ダイレクト型自動車保険との違いがどのようなところにあるのか知ることが大切です。

そこで、大まかなポイントの比較となりますが、代理店型自動車保険とダイレクト型自動車保険との違いを以下、表にまとめて紹介します。
自動車保険料が高い代理店型を選ぶメリットとは?ダイレクト型自動車保険との違いを比較して考える


保険料
代理店型自動車保険の保険料は、代理店が顧客に対して保険契約を締結した際に、保険会社から支払われる代理店手数料(マージン)なども保険料に転嫁されています。

そのため、ダイレクト型自動車保険に比べて自動車保険料が高くなっており、それぞれの保険会社が設定している各種割引制度を適用したとしても、実質の自動車保険料がダイレクト型自動車保険よりも安く済ませることは困難です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.