くらし情報『持病があっても入りやすい保険はある?FPがおすすめランキングを徹底比較!』

2019年8月16日 13:09

持病があっても入りやすい保険はある?FPがおすすめランキングを徹底比較!

目次

・持病があっても加入できる生命保険
・無選択型生命保険の特徴を保険会社同士で比較
・持病があっても加入しやすい生命保険
・引受基準緩和型医療保険の安い保険料ランキング
・持病がある場合、安い保険料の生命保険に加入するのは難しい
・持病がある場合、一般・緩和型・無選択型の順番で申し込むのがおすすめ
・まとめ
持病があっても入りやすい保険はある?FPがおすすめランキングを徹底比較!


生命保険に加入するためには、健康体であることや過去の病歴や治療歴に著しい問題がないと加入の申し込みをした保険会社から判断されることが必要です。

ただし、現在では、長い期間に渡っていつまでも治らない、いわゆる持病を持っている人でも生命保険に加入できることは確かです。

そこで本記事では、持病を持っている人を対象に、加入できる生命保険や加入しやすい生命保険を中心にポイントの解説を進めていきます。

持病があっても加入できる生命保険

持病があっても加入できる生命保険


持病がある場合、健康体の人が加入できる生命保険に加入することができない場合や加入できたとしても保障が手厚くない、保険料負担が重くなるなどのデメリットがあります。

そのため、まずは、これらのデメリットを理解した上で、それでもなお生命保険の保障が必要と判断された人が加入するべきものであることを念頭に入れておく必要があるでしょう。

ちなみに、持病があっても加入できる生命保険の1つに、無選択型の生命保険があります。

無選択型の生命保険とは
無選択型の生命保険とは、通常、生命保険に加入する際に必要な告知や医師の診査が求められない生命保険のことを言います。

つまり、持病があることによって、生命保険に加入できない人や年齢制限によって生命保険に加入できない人であったとしても無選択型の生命保険であれば加入できることを意味します。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.