くらし情報『投資信託に税金はかかる?《初心者向け》課税の種類をFPがわかりやすく解説!』

2019年10月15日 14:00

投資信託に税金はかかる?《初心者向け》課税の種類をFPがわかりやすく解説!

目次

・投資信託の種類によって税金は異なる
・投資信託にかかる税金に関するまとめ
投資信託に税金はかかる?《初心者向け》課税の種類をFPがわかりやすく解説!


https://manetasu.jp

今回は投資信託にかかる税金について解説していきたいと思います。これまでは手数料について解説した事もありましたが、金融商品である以上税金は付き物です。一体どんな税金がかかるのかわかりやすく解説していきますね。

投資信託の種類によって税金は異なる

投資信託の種類によって税金は異なる


http://www.nta.go.jp/

今回の場合5%の税率ですので、25,000円が課税となる計算です。

年金で分割して受け取りたい場合
年金としてコツコツ受け取る場合は年齢によって控除額が変わります。65歳未満であれば70万円までの控除、65歳以上であれば120万円まで控除対象です。運用の成果で分割の金額が異なりますし、受け取れる年金と合算しても大丈夫ではありますが、貰える年金額が大きくなりそうな方は一時金で受け取っておく方が良いでしょう。

投資信託にかかる税金に関するまとめ

投資信託における課税に関して解説してきました。課税と言われるとピンと来ないケースもありますが、非課税の枠内で出来る事、退職所得を大きく利用する事等を考えると早めにスタートした方の方が恩恵は大きい様です。かかる税金の想定を早めに行って投資をスタートして下さいね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.