くらし情報『初めての青色申告!個人事業主が理解すべき作成方法&白色申告との違いをFPが解説』

2020年2月23日 20:00

初めての青色申告!個人事業主が理解すべき作成方法&白色申告との違いをFPが解説

以前は複式簿記が面倒な人や、帳簿の作り方がわからないという人が白色申告を利用していましたが、平成26年の法改正により白色申告にも帳簿作成が義務づけられたため、白色申告と青色申告で手間の差は非常に少なくなりました。

複式簿記による青色申告とは
青色申告とは複式簿記による帳簿付けを行うことで、さまざま特典が受けられる申告方法です。

複式簿記による青色申告とは


昭和25年に導入された制度ですが、2020年に一部法改正が入りましたので、その点についても後ほど解説します。

青色申告で控除できる金額
青色申告の一番のメリットといえば、青色申告特別控除です。これまで青色申告特別控除は、所得から一律で65万円が控除されるという制度だったのですが、今回の改正で10万円ダウンの55万円の控除額に引き下げられました。

これには青色申告のメリットを縮小したのではなく、別の意図があったのです。

青色申告を利用するやり方
青色申告で確定申告をするやり方としては、事前に管轄の税務署において青色申告承認申請書を提出しておく必要があります。基本的に提出だけしておけば、あとは複式簿記による帳簿を備え付けておけば問題ありません。

青色申告承認申請書は、最初に青色申告をしようとする年の3月15日までに提出する必要があります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.