くらし情報『共働き夫婦に転勤の辞令……あなたはどうする?』

2018年5月13日 10:00

共働き夫婦に転勤の辞令……あなたはどうする?

働きたいけれど、いつまた配偶者に転勤の辞令が下りるかわからないときは、転勤先での雇用方法をパートやアルバイトに切り替えるのもありです。

また、転勤が多かったり、転勤先の就職状況によっては、専業主婦も視野に入ってきます。

単身赴任を選択する
次に選択肢に上がるのが、「単身赴任」。子どもがいる場合、成長するにしたがってだんだん転校させづらくなってきます。

専業主婦家庭であっても、子どもが中学生くらいの年齢であれば、単身赴任を選択するケースが多いのではないでしょうか。

ただ、別居生活には家族がバラバラになる以外に、お金の面でも注意が必要です。生活費のほかに単身赴任先と家を行き来する際の交通費など、出費がかさむことは覚悟しておかなければなりません。

転勤を拒否する
会社によって言い出しにくい空気のところが多いかもしれませんが、転勤の辞令が下された本人が転勤を拒否するという選択肢もあることを忘れずに。状況によっては転職することを視野に入れてもいいでしょう。筆者の知り合いには、繰り返される転勤に疲れてしまい、自営業に切り替えたという夫婦もいます。

共働きであればこそ、夫婦それぞれが自分と配偶者の仕事、働きかたについて考えられるきっかけになるのではないでしょうか。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.