くらし情報『乾燥剤のシリカゲルを再利用する方法【電子レンジで再生可能?】』

2018年12月25日 20:30

乾燥剤のシリカゲルを再利用する方法【電子レンジで再生可能?】

「医薬品の乾燥保管」など。いざというときに役立てられるもののため、乾燥させたシリカゲルを家にスタンバイさせておきたいですね。以下に具体的な活用事例をみてみましょう。

水没携帯の応急処置
ネット上で多くの体験談が目につくのが、携帯を水没させてしまったときに利用するというもの。速やかに水分を拭き取ってバッテリー・メモリーカードを抜き取り、その後ボウルなどにシリカゲルを入れ、携帯を埋め込んでおきましょう。

最低でも一晩はそのままにしておきます。助かる可能性が少しでも上げられますよ。

カメラの結露防止
寒いところで撮影したあと、暖かい室内にカメラを持ち込むと結露してしまいます。こちらも、バッテリーやメモリーカードを抜き取ったあと、シリカゲルを入れたボウルやケースにカメラを入れておくことで防げます。

履きもの・衣類の湿気対策
湿気が溜まりやすい玄関周りやクローゼット・たんすにもシリカゲルを活用できます。玄関周りでは、靴箱にそのまま入れておくほか、履いた靴の中にも入れておきましょう。ブーツなど湿気がこもりやすい靴や、長靴など雨の日に履いた靴の湿気除去に役立ちますよ。

下駄箱に入れておくシリカゲルは、あえて袋に入れず小皿に入れてインテリア小物として置いておいても素敵です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.