くらし情報『介護用品・福祉用具のレンタルにおすすめなサービス・業者5選』

2019年1月31日 20:30

介護用品・福祉用具のレンタルにおすすめなサービス・業者5選

目次

・介護保険が適用できるレンタル品とは?
・介護用品のレンタル業者5社をご紹介
・介護用品レンタルで医療費控除は使える?
・レンタルを賢く利用して介護者・本人の快適な生活を
介護用品・福祉用具のレンタルにおすすめなサービス・業者5選

介護が始まると、何かと介護用品が必要になるもの。レンタルでまかなえるものは借りて済ませたいと思う方もいることでしょう。

この記事では、介護用品のレンタルサービスを提供している業者を、利用料金や取扱い用品と合わせてご紹介します。

介護保険が適用できるレンタル品とは?

レンタルできる介護用品にはさまざまなものがあります。そのうちの13種類は、要介護者が在宅生活を維持することができ、介護者の負担が軽減しうる用具である「福祉用具」として、介護保険を適用してレンタルすることができます。

1~3割程度の自己負担でレンタルができるため、経済的負担を軽減できますね。

介護保険を適用してレンタルするには介護度に条件があり、大半が要介護度2~5、一部のみ要支援、要介護度1から適用可能です。

<13種類の福祉用具>

  • 車いす
  • 車いす付属品
  • 特殊寝台(介護ベッド)
  • 特殊寝台付属品
  • 床ずれ防止用具
  • 体位変換器
  • 手すり☆
  • スロープ☆
  • 歩行器☆
  • 歩行補助つえ(松葉杖など)☆
  • 認知症老人徘徊感知機器
  • 移動用リフト
  • 自動排泄処理装置
レンタル業者が貸し出しているものも、主に上記の13種類。自費であれば要介護2~5以下の人であってもレンタルが可能です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.