くらし情報『【OMO5小樽】「OMO5(おもふぁいぶ)小樽 by 星野リゾート」 2022年1月7日、いよいよ開業します! ~コンセプト「ソーラン、目覚めの港町」の都市観光ホテル、全容公開~』

2022年1月6日 15:00

【OMO5小樽】「OMO5(おもふぁいぶ)小樽 by 星野リゾート」 2022年1月7日、いよいよ開業します! ~コンセプト「ソーラン、目覚めの港町」の都市観光ホテル、全容公開~

寝るだけでは終わらせない、旅のテンションを上げる都市観光ホテルブランド「OMO(おも)」は、北海道小樽市に「OMO5(おもふぁいぶ)小樽 by 星野リゾート」を2022年1月7日に開業します。「OMO5小樽」は、「ソーラン、目覚めの港町」をコンセプトに、港町「小樽」の知られざる歴史や文化、食の魅力を届けることで、小樽のレトロな街並みを楽しみ尽くす滞在を提案。小樽市指定歴史的建造物をリノベーションしたレトロな建物に泊まりながら、小樽の新たな一面を再発見できます。

【OMO5小樽】「OMO5(おもふぁいぶ)小樽 by 星野リゾート」 2022年1月7日、いよいよ開業します! ~コンセプト「ソーラン、目覚めの港町」の都市観光ホテル、全容公開~


コンセプトは「ソーラン、目覚めの港町」

当ホテルのコンセプトは、「ソーラン、目覚めの港町」です。港町「小樽」の知られざる歴史や文化、食の魅力を届けたいと思い、このコンセプトにしました。「ソーラン」という掛け声の力強さと、「目覚め」には小樽の魅力を再発見できるような旅という意味を込めました。小樽は、古くからニシン漁が盛んで朝の港では「ソーラン」という掛け声が聞こえ、活気に溢れていました。また、北海道の玄関口として金融や商社が建ち並ぶなど、経済の中心地として発展してきた街です。現在、小樽は札幌から日帰りでも楽しめる観光地として親しまれていますが、当ホテルは宿泊することで小樽の歴史や文化、食の魅力の新たな一面を再発見できる旅を提案します。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.