くらし情報『『BERARD(ベラール)』のカッティングボードが作り出す、アットホームなダイニング』

2019年2月25日 11:26

『BERARD(ベラール)』のカッティングボードが作り出す、アットホームなダイニング

ナチュラルな素材を使用したカッティングボードはまな板としての役目はもちろん、テーブルウェアとしても今らしい居心地のいいダイニング作りに欠かせないアイテム。ガラス製のグラス、セラミックのプレートに組み合わせればテーブル上に温かな調和が生まれ、ビストロにいるような気分に。

キッチングッズの新たな定番として、今回ご紹介したいのはフランスの老舗ブランドが作るオリーブの古木を使用したカッティングボード。一枚あればさまざまなシーンで活躍してくれそうです。

古木を使用した、サステナブルなものづくり
『BERARD(ベラール)』のカッティングボードが作り出す、アットホームなダイニング


フランス発の『BERARD(ベラール)』はオリーブウッド製品を1世紀以上にわたって作り続ける歴史あるブランドで、ナチュラルな素材へのこだわりや森林保護を意識したサステナブルなものづくりに共感する人が多くいます。カッティングボードには何十年もオリーブ畑で育ててきた巨木で果実を付けなくなった古木を使用し、職人の技によってまた新しい役割へ。

オリーブの木材は丈夫で硬く、刃物などの傷が残りにくくキッチンツールとして最適で、プラステッィク製のまな板と比べても衛生面で優れているそうです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.