くらし情報『お寺で学ぶ、今と未来を生きる智慧「スクール・ナーランダ vol.4 京都」開催レポート』

2019年4月1日 19:30

お寺で学ぶ、今と未来を生きる智慧「スクール・ナーランダ vol.4 京都」開催レポート



話す皆川さん。どんなものごとも「よいこと」をはらんでいるという言葉が、深く胸に響きました。

ダンサー・振付師の島地保武さん

お寺で学ぶ、今と未来を生きる智慧「スクール・ナーランダ vol.4 京都」開催レポート


2004~06年Noism(新潟市)、2006~15年ザ・フォーサイス・カンパニー(フランクフルト) に所属。

島地保武さんは、世界を舞台に活躍するダンサーです。中学2年生のとき、ダンスをテーマとした

テレビ番組に影響を受けて踊りはじめ、大学入学と同時に、本格的にダンスを学び始めました。

それから、8年後。憧れていたウィリアム・フォーサイスが主宰するダンスカンパニー

「ザ・フォーサイス・カンパニー」に迎え入れられます。

「つり革を持つ右手を左手に変える。駅の階段を後ろ向きに上る。

ほんの少し、日常の動きをズラすことから踊りが始まっていきます」。

授業では「手に持っているものの重みを感じる」などのワークを体験。

「重さを感じて動かす」ことで所作が美しくなると教えていただきました!

浄土真宗本願寺派僧侶の藤丸智雄さん

お寺で学ぶ、今と未来を生きる智慧「スクール・ナーランダ vol.4 京都」開催レポート


3人目の先生は、藤丸智雄さん。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.