くらし情報『一生ものの家具で変わるインテリア。アートピースのような存在感を放つ飛騨高山の無垢材チェア』

2019年6月18日 10:11

一生ものの家具で変わるインテリア。アートピースのような存在感を放つ飛騨高山の無垢材チェア

一生ものの家具で変わるインテリア。アートピースのような存在感を放つ飛騨高山の無垢材チェア


飛騨高山の家具製造メーカー・日進木工から

ダイニングセットの新シリーズ「コーラス」がデビュー

ダイニングチェアを得意とする飛騨高山の家具製造メーカー「日進木工」は、軽くて丈夫で、どのアングルから見ても美しいデザインが特徴の椅子をこれまで手がけてきました。

そのモノづくりの背景には、木材を丸太の状態で仕入れ、飛騨高山で製材を行なうところから始まります。丸太から製材する理由は2つ。1つは用途に応じて柾目や板目、厚みを挽き分け、端材からも角材を取り、木材の無駄が出ないよう工夫をするモノづくりのため。もう1つは、木材の乾燥マネージメントをより深められ、しなやかで剛健な造りを実現するため。

こうした日進木工の技術力を最大限に活かした無垢材のダイニングセットの新シリーズ「CHORUS(コーラス)」。木の本来の質感を生かし、また長く使い続けられる無垢材にこだわったチェアです。

いつか一生ものの家具を買う時の参考にしてみてくださいね。

一生ものの家具で変わるインテリア。アートピースのような存在感を放つ飛騨高山の無垢材チェア


シンプルなのにこの存在感!優美な曲線を描く凛としたフォルムと優しい木のぬくもりが溢れるこんな素敵なインテリアに。北欧デザインや中国の明調、シェーカーチェアなど、さまざまな椅子のデザインの要素を再構築したことで、多様な空間に合わせやすいのが特徴です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.