くらし情報『【教えて!グッドルーム 】寝苦しい夜を快適に過ごす「ベッドルーム」アイディアまとめ【プチDIY女子達のお部屋案内】』

2019年8月26日 14:55

【教えて!グッドルーム 】寝苦しい夜を快適に過ごす「ベッドルーム」アイディアまとめ【プチDIY女子達のお部屋案内】

 

「ブルー」が涼しさをつくる鍵

青い海を想像させる寒色系のインテリアは、「視覚」から涼しさを感じる鍵になります。心を穏やかにしてくれる効果もあるので、ベッドルームのファブリックは「ブルー」を選んで、落ち着く空間をつくってみましょう。

目次

・「ブルー」が涼しさをつくる鍵
・オススメは「リネン」素材
・白熱電球はLED電球につけかえて
・「ガラス&植物」の組み合わせが涼しさを生みます


夏の寝室対策
貼って剥がせる壁紙で淡いブルーの壁をつくり、クッションカバーなどのファブリックも青に合わせた、落ち着くお部屋。(このお部屋はこちら)

夏の寝室対策
「海」をクジラと一緒に泳いでいる、こんなアート作品を飾るのもとても素敵!(このお部屋はこちら)

オススメは「リネン」素材

吸水・発散性に優れるリネン(麻)素材は、夏にぴったり。
肌に触れたときにも冷感を感じやすいので、シーツや布団カバーなどのファブリックにはぜひリネンを選びたいところです。

夏の寝室対策
ベッドシーツだけでなく、カーテンなども「リネン」に揃えられた、見るからに涼しげなお部屋(このお部屋はこちら)

白熱電球はLED電球につけかえて

ベッドルームには温かみを感じるような間接照明を用意している方も多いですよね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.