くらし情報『鈴木京香と長谷川博己がマレーシアで『セカンドバージン』PR』

2011年9月15日 16:29

鈴木京香と長谷川博己がマレーシアで『セカンドバージン』PR

鈴木京香と長谷川博己がマレーシアで『セカンドバージン』PR
昨年、NHKドラマで放送されて社会現象を起こし映画化された『セカンドバージン』が、“マレーシア日本映画祭”のオープニング作品として上映され、舞台あいさつに主演の鈴木京香、長谷川博己と黒崎博監督が登壇した。

その他の写真

今回、映画のロケ地がマレーシアであったこともあり、首都クアラ・ルンプールで例年開催されている“マレーシア日本映画祭”のオープニング作品として本作が招待され、現地時間13日にキャスト陣による舞台挨拶、レッドカーペット、および記者会見が行われた。舞台あいさつで鈴木は「この映画をご覧になった方が、日本のことをより一層興味深く感じてくださるとうれしく思います。日本での上映の前に、まずマレーシアのみなさんがどのような感想を持っていただけるか聞くのをとても楽しみにしおります」と話し、本作で映画初出演を果たした長谷川は「初めての作品で、こうして異国の映画祭に参加できて光栄です」と笑顔を見せた。

本作は、20代で離婚して以来、仕事一筋に生きてきた45歳の出版プロデューサー・中村るい(鈴木)と、既婚者で17歳年下のネット証券会社社長の鈴木行(長谷川)が禁断の恋に落ち、年齢や苦境を乗り越える姿を描いた作品で、9月23日(金・祝)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.