くらし情報『人気コミックが映画に! キャストが語る『ベルセルク』の魅力』

2012年2月2日 13:41

人気コミックが映画に! キャストが語る『ベルセルク』の魅力

人気コミックが映画に! キャストが語る『ベルセルク』の魅力
三浦建太郎原作の人気コミックを映画化する壮大なプロジェクトの第1弾『ベルセルク 黄金時代篇I 覇王の卵』が4日(土)から公開される前にガッツ役の岩永洋昭と、グリフィス役の櫻井孝宏がインタビューに応じた。

その他の写真

『ベルセルク 黄金時代篇I 覇王の卵』は、己の力だけを信じて戦乱の世を渡ってきた孤高の剣士ガッツと、最強の傭兵集団“鷹の団”を率いて自らの大いなる野望を果たそうとするグリフィスを主軸に、過酷な世界で生きる男たちの友情と宿命を描いた大作。“黄金時代篇”は全3部からなる作品で、すでに第2弾が6月23日(土)から、第3弾が冬に公開されることが決定している。

1989年の連載開始以来、今も続く壮大な物語を順次、映像化するという壮大なプロジェクトだけに、物語の主軸となるガッツ役とグリフィス役は大きなプレッシャーのかかるポジションだが、俳優として活躍する岩永は「声優が本業ではないですし『僕で大丈夫かな?』という不安はありましたが、僕が出ていたテレビ番組を観て、オーディションに声をかけていただいたので『やるしかない』なと思った」と振り返り、多くのアニメ作品で声優を務める櫻井は「その役に選ばれるのはたった一人。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.